正しく濡らして活用

基本的に多くの方はマイカーにキズをつけたくないと考える事でしょう。自動車の汚れの原因は色々ありますが、特に周辺を自動車が走っている場合は排気ガス中に含まれている排気ガスの金属片が汚れの一部として残ってしまうことが良くあります。そうした金属片はただ単に汚れとして残るだけではなく、ボディーの一部を傷つけ、そこから錆つきなどを引き起こすといった具合にトラブルを引き起こすこともあるので、常にボディーを最適な状態に保ちたいという方にとっては非常に大きな問題に発展しかねません。そうしたトラブルを回避するためにも金属片を取り除くことが出来る車用ねんどは非常に役立ってくれるのですが、車用ねんどはどのように使えば良いのでしょうか。
車用ねんどの使い方は水と合わせて使うようにします。水で濡らした車用ねんどは柔らかくなり金属片を取り込むことが出来るようになるので、常に水を切らさないようにすることが肝心です。自動車のボディーの上にも水を流しておいて常に湿った状態にすることで金属片をより多く付けることが出来るようになります。車用ねんどをつける際は軽く滑らせるように前後左右に動かすと金属片を取り込むことが出来るので、慌てて動かしてしまうとボディーを傷つけてしまいます。いくらか擦り付けたらゆっくりと車用ねんどをはがしてみると細かい金属片が大量に付いているはずです。

Comments are closed.