ねんどの使い分けでキズがつく

023410車は自動車の品質を保つために必要不可欠なものですが、時には洗車のせいで傷が付いてしまうこともあるそうです。その原因は主に自動車に残されている汚れといわれており、排気ガスに含まれる金属片などの硬い汚れの元が洗車する際使用するスポンジなどの間に入り込んでこすっている間ボディーを傷つけてしまうそうですが、そうした汚れを綺麗に取り除きたいときは車用ねんどを使うと中々取れない汚れも綺麗に取ることが出来るといいます。ところが車用ねんどを使った方の中には逆に傷が付いてしまったという方もいるそうですが、いったいどうして傷が付いてしまったのでしょうか。
車用ねんどを使って傷をつけてしまったという方は大抵車用ねんどを何回も使ったか間違った使い方をしたと思われます。車用ねんどは使い続けるうちにどんどん金属片などの汚れを吸収していきますが、この時車用ねんどで取り除いた金属片が次回使ったときにボディーを傷つけてしまうことがあるので、ある程度使った車用ねんどは処分したほうが良いでしょう。その他にも車用ねんどを使用する際激しくこするなどの間違った使いかたをしても傷をつけてしまうので綺麗なボディーにするためにも正しい使いかたを守るようにしましょう。

Comments are closed.